レノボ・ジャパン(レノボ)は、タブレット端末のように使用でき、LTEネットワークを通していつでもインターネットに接続できるChrome OS搭載のパソコン(ACPC、Always Connected PC)として「Lenovo 300e Chromebook Gen3」をソフトバンク経由で4月22日に発売する。4月15日から予約受付を開始した。なお、国内の通信事業者ではソフトバンクが独占で販売する。
 

Lenovo 300e Chromebook Gen3

 Lenovo 300e Chromebook Gen3は、スワイプやタップ、スクロールなどに対応した11.6型のディスプレイを搭載。キーボードだけでなく、ディスプレイを指でタッチすることで操作することができる。パソコンとしての使用のほか、動画を視聴する場合などには画面を360度回転させて、タブレット端末のように使用することも可能。また、ディスプレイには軽量で強度が高いコーニングのゴリラガラスを採用している。

 Googleアカウントにログインすることで、普段使用しているGoogleドライブのファイルや、Chromeの設定などに簡単にアクセスできる。また、Chrome OSは自動的にセキュリティ機能の更新を行い、常に最新の状態でさまざまなウイルスやトラブルからデータやパソコンを守ることができ、安心して使うことができる。

 ソフトウェアもバックグラウンドで自動的に更新されるため、常に最新の状態で使用できる。さらに、パソコンを数秒で起動でき、すぐに操作が可能となる。

 LTEに対応しており、Wi-Fi環境がなくても、ネットワークに接続することが可能。また、Google Playストアからさまざまなアプリケーションをインストールしたり、Chromeウェブストアから拡張機能を追加したりすることで、幅広い用途で便利に使用することができる。