ニュース

IT専門家シェアリング/サブスク事業を展開、MJSが「DX Tokyo」を設立

2022/04/20 16:21

 ミロク情報サービス(MJS)は、全国の中小企業を対象に、IT専門家シェアリング/サブスク事業を展開する子会社「DX Tokyo(ディーエックス  トウキョウ)」を設立した。
 


 社会のデジタル化の急進に伴い、各企業はデジタル化・DX化への対応に追われている。しかし、中小企業ではITツールよりもそれを使いこなす人材が不足しており、検討が進まないケースが多くみられる。DX Tokyoは、こうした悩みを抱える全国の中小企業に対し、安価なプランで、中小企業診断士やITコーディネータなどの資格を有するIT専門家を紹介し、顧客業務のデジタル化・DX化を推進し、経営改革や業務効率化を支援する。

 雇用すると人件費が高い「IT専門家」も、他企業とシェアすることで安価で契約ができる。例えば年間100万円程度の契約で、顧客の「経営×IT」改革を推進するIT専門家と、長期的に付き合うことが可能となる。

 DX Tokyoが提供する「IT専門家シェアリング」は、1人の専門家を他の企業とシェアリングするプラン。毎月同じ専門家が顧客のDX主治医として、企業全体を視野に入れながら「経営×IT」改革を強く推進する。

 「IT専門家サブスク」は、複数の分野専門家をサブスクリプションで毎月選べるプラン。主治医ではなくDX専門医として、今月はクラウド化、次月はセキュリティ対策、次月は業務プロセス改善など、企業全体の「経営×IT」改革を段階的な改善で強く推進する。

 「DXカルテ(デジタル診断)」(実施無料)では、顧客の現状の業務の流れを独自のDXカルテで診察し、業務面、財務面の両方の情報から経営状況全体を見える化する。デジタル化・DX化への対応は業種・業態・経営状況ごとに対応方法が全く異なり、それを無視した対応が失敗を招く。DXカルテでは、顧客の業務の流れを1枚の大きな図に起こし、課題を「人的課題」と「IT的課題」に分解し、投資対効果が高い業務改善箇所を特定する。このカルテが「DX 化へ向かう記録簿&台帳」となり、顧客の継続的な業務改善と成長に寄与する。

 「President Room」(実施無料)は、同業他社、経営者同士の対話機会を提供する。自社の社名や氏名は希望により仮名が可能で、ウェブ面談の際には顔を出さずに参加もできる。経営者同士が本音で話し合い、お互いが悩みを打ち明けることで、解決のヒントを得られるような機会を無料で提供する。

 「補助金事業」(相談無料)では、「商品を宣伝したい」「新事業を始めたい」「ITを導入して効率化したい」といった会社のさまざまなチャレンジを経済産業省や中小企業庁が補助金で支援。同社は、「事業再構築補助金」「ものづくり補助金」「IT導入補助金」を中心に、有益な情報を無料で発信、相談受付している。

 「車いす動画ファクトリー」では、顧客の製品資料やカタログをもとに、AI音声を利用して「喋る・動く製品紹介動画」を作成する。スタッフは、障がい者やひとり親家庭など仕事に恵まれない人たち。生声希望には、難病患者の車いすユーザーがナレーションを吹き込む。なお、売り上げの5%を難病支援の協会に寄付する。
  • 1

関連記事

ミロク情報サービス 4月に新ERP「Galileopt DX」販売へ デジタル変革の支援と顧客基盤の強化を目指す

ミロク情報サービス 代表取締役社長最高経営責任者 是枝周樹

注目新興AIベンダー(画像認識 編) 開発が進み精度は向上 活用の幅は多様化

外部リンク

ミロク情報サービス=https://www.mjs.co.jp/

DX Tokyo=https://dxtokyo.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>