昭電は、雷害対策の新製品「サンダーブロッカーProシリーズ」を4月21日に発売した。出荷開始は6月1日を予定している。

 専門知識がなくても簡単に設置が可能で、安全・確実な対策を行うことができる新しいコンセプトのSPD(サージ防護デバイス)で、「当社にとってエポック製品となる」(加藤雅也・常務執行役員事業推進部長)と位置付けている。1年間の販売台数は2万台を見込む。
 
加藤雅也 常務執行役員

 サンダーブロッカーProシリーズの強みは、雷から保護する機器のケーブルを接続するだけで取付配線が完了することだ。電気工事の資格を必要とせず誰でも簡単に機器の雷保護が実現できる。電源とLAN、電源とテレビ、もしくは電源とLANとテレビのように、保護対象に応じて自由に組み合わせてSPDを1カ所にコンパクトに集約することができる。
 
サンダーブロッカーProシリーズ