昭電は、雷害対策の新製品「サンダーブロッカーProシリーズ」を4月21日に発売した。

サンダーブロッカーPro

 新製品は、専門知識がなくても簡単に設置ができ、安全・確実な対策を行うことができる新しいコンセプトのSPD(サージ防護デバイス)。雷から保護する機器のケーブル(電源、LAN、テレビ)を同製品に接続するだけで取付配線が完了するため、電気工事の資格を必要とせず誰でも簡単に機器の雷保護ができる。また、電源とLAN、電源とテレビ、または電源とLANとテレビのように保護対象に応じて、自由に組み合わせて(SPDの連結)、SPDを1カ所にコンパクトに集約できる。

 雷電流が電源線や通信線を通って各種機器に侵入してこないよう、保護回路によって雷を侵入とは異なる経路に逃がし、機器を保護する。対象となる機器種類や系統ごとに適切なSPDを選定することで、電源線や通信線がつながっている状態でも各種機器を安全に守ることができる。

 また、業務用機器、公共の電気設備の雷保護に要求されるJIS(日本産業規格 JIS C 5381-11, JIS C 5381-21)に適合。SPD分離器内蔵による故障時の安全性(全領域の安全遮断技術SITS)も有し、プロユースの本格的な雷害対策を手軽に実現する。