大塚商会は、クラウドサービスのIDと連携しシングルサインオン(SSO)をセキュアに実現するサービス「Otsuka Gate」の提供を6月1日に開始する。

Otsuka Gate

 Otsuka Gateは、シングルサインオン(SSO)、証明書やIDによる認証管理、Active Directory(AD)アカウントと連携が可能。このため低コストでセキュアな環境が構築でき、安心、安全、便利にクラウドサービスを利用することが可能となる。

 具体的には、多くの顧客に活用されているクラウドサービス「たよれーる」シリーズに加え、同社で契約した各種クラウドサービスのSSOを無償で利用できる。また、同社で契約していない他社クラウドサービスは1人あたり月額150円で利用できるため、包括的なSSO環境を実現できる。

 多要素認証やIPアドレス制限など、企業で求められる認証管理機能を無償で提供。さらに、PKI証明書を利用したデバイス制御も1人当たり月額150円で15台まで(PC5台、タブレット端末5台、スマートフォン5台)利用できる。企業のセキュリティ対策を管理面やコスト面から支援すると同時に、セキュアな環境で各クラウドサービスを便利に、安全に利用できる。

 また、従来のオンプレミス環境で多く利用されているADアカウントとの連携を行う。アカウントを統合することで同じID・パスワードをクラウド領域まで拡張でき、利用者の利便性と管理者の管理工数削減を同時に実現する。アカウント・グループ管理、パスワードポリシー設定、組織連絡先管理、ログ管理といった管理機能も利用できるため、既存の資産を生かしつつ、複数サービスのID・パスワードを一元的に管理することができる。

 同社の顧客向けポータルサイト「お客様マイぺージ」と連携することで、Webから簡単にクラウドサービスの契約内容の確認やID数増減の変更ができるほか、ビジネスeラーニング、大塚IDオンデマンド動画といった各種社内教育ツールなど、お客様マイページ内で提供している各サービスとシームレスにつながる。導入企業は、充実したサービスによるサポートを受けることができる。

 大塚商会は、今後さらに活躍が広がるクラウドサービスで、SSOを無償提供することによるコストメリットとともに利用者の利便性の向上、各セキュリティ対策による安全性の向上、同社のワンストップサービスによるサポート性の向上、プロビジョニングなどの一元的なメンテナンスによる管理工数の低減など、さまざまなメリットをOtsuka Gateを通じて顧客に提供する。今後は、管理者負担の軽減に向けて、アカウントの追加や削除などを代行する「らくらく」シリーズの追加を予定している。同社では、年間で2700社への販売を目標としている。