ニュース

大塚商会とdotData、中堅・中小企業のAI民主化に向け戦略的アライアンス

2022/04/13 13:25

 大塚商会と米dotDataは、中堅・中小企業がAIの活用で事業を高度化・効率化し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速することを支援するため、戦略的アライアンスを結んだ。


 大塚商会では、業務ごとに小規模なデータ分析からAI活用を始めたい中堅・中小企業のニーズに応えるために、昨年6月21日から「大塚商会dotData AI分析サービス」を、同年11月1日から「dotData Lite」の提供を開始している。AI自動化ソリューションのリーダーであるdotDataの製品を核としたサービス提供により、クライアント企業がデータから潜在的な経営・事業課題や収益・生産性向上予測をその根拠とともに発見し、データドリブンな経営で事業成長につなげていくことを支援してきた。

 こうした支援を通じ、クライアント企業から「AIを意識せず、高度な技術知識やスキルをもたなくても、AIが導き出してくれるインサイトを業務にシームレスに利用できるサービスを提供してほしい」という要望が寄せられるようになった。その要望に応えるためには、dotDataが提供するAI自動化の機能を大塚商会が提供する各種ITサービスやソリューションに組み込み、クライアント企業のユーザーが本来の業務に注力しながら、ITソリューションの利用の中で自然にAIの価値を享受できる仕組みを提供するのが理想という。

 AIを活用した分析は一部の専門家だけが担うのではなく、さまざまな部署の社員が分析結果の価値を理解し、日頃の業務で活用することがdotDataの目指す方向であり、大塚商会が目指すAI活用のありたい姿とも一致している。昨今、AI活用のニーズはさらに高まっており、リソースや人材を十分に確保することが難しい企業でも社内データの価値を最大限に享受できるようなソリューションが求められている。そこで今回、大塚商会とdotDataは戦略的アライアンスを締結し、組織の大小問わず幅広い業務分野で多くの人がAIにより業務を高度化・効率化する「AIの民主化」に向けたビジネス実装を共同で開始した。

 今回のアライアンスにあたり、大塚商会 上席執行役員の地主隆宏氏は「当社自身がdotDataのビッグユーザーで、社内データの分析のスピード化と自動化で重要なポジションを占めている。この魅力をdotData自体の販売や分析サービスによって伝えてきた。これをさらに伝搬させるため、今回の戦略的アライアンスを通じて、AI民主化に必要となるビジネス実装を共同で進めていくことにした。dotDataとの協業により、多くの顧客がdotDataのすばらしい機能が享受できるようになると確信している」とコメントしている。

 dotDataの藤巻遼平CEOは、「大塚商会は、社内データの分析をdatDataによって高度化し、企業のデータサイエンスの民主化を実践している。そこで培われた収益・生産性向上や経営課題解決のノウハウを、多くの企業に役立ててもらえると信じている。『すべての企業がデータを分析して、より良い製品やサービスを生み出すことができる世界を創る』というdotDataのビジョンの下、今後も大塚商会との協業をさらに発展していく」とコメントしている。

関連記事

大塚商会、実践ソリューションフェアが開幕、顧客目線のDX推進をアピール

大塚商会 21年通期決算、増収増益も計画に届かず 大塚社長、強みの営業で「弱さが露呈した」

【2022年 新春インタビュー】 大塚商会 お客様に寄り添い、DX・全商材で共に成長する

外部リンク

大塚商会=https://www.otsuka-shokai.co.jp

dotData=https://jp.dotdata.com/

おすすめ記事