トレンドマイクロは6月1日に開催されたオンラインイベント「PERSPECTIVES」で、同社の製品ポートフォリオを統合・管理するサイバーセキュリティプラットフォーム「Trend Micro One」を発表した。同社の各製品を単一プラットフォーム上で利用、管理できるようになり、容易にセキュリティ対策の強化が図れるという。

 Trend Micro Oneは、エンドポイント・メールセキュリティ製品で構成する「Trend Micro Workforce One」、クラウド環境向けセキュリティ製品で構成する「Trend Micro Cloud One」、ネットワーク・IoTセキュリティ製品の「Trend Micro Network One」の三つの製品群と管理コンソール「Trend Micro Vision One」が中核となる。ビッグデータを解析し得た知見や脅威インテリジェンスによる最新の脅威、既知・未知を問わない脆弱性情報なども提供する。5月16日に提供を開始したサポートサービス「Trend Micro Service One」では、運用・監視サービスなどを展開する。これらをプラットフォームとして提供することで、攻撃対象領域の可視化やリスク評価、発見されたリスクへの対応が円滑に行えるとした。