トレンドマイクロは「2021年サイバー脅威動向総括」を発表した。VPNの脆弱性を悪用したランサムウェア攻撃が増加していることなどを21年の特徴として紹介。岡本勝之・セキュリティエバンジェリストは「リモートワークの普及や企業のDX推進が加速した中で、セキュリティリスクが分散化している」と指摘した。
 
岡本勝之 セキュリティエバンジェリスト

 リモートワークでは、多くの企業がVPNを利用しているが、19年~21年にかけて主要なVPN製品で次々と脆弱性が明らかになった。トレンドマイクロの調査によると、従来のランサムウェア攻撃はメール経由が大半だったが、21年は20年に引き続きVPNを侵入経路とするケースが急増した。企業がクラウドサービスを導入した際、設定ミスから攻撃者が侵入し、情報を搾取される事件も増加傾向にあるという。