ニュース

Sky、営業支援名刺管理サービス「SKYPCE」がAndroid端末に対応

2022/07/04 14:42

 Skyは、営業支援名刺管理サービス「SKYPCE(スカイピース)」でAndroid端末での名刺登録と名刺情報閲覧に対応した。これまでのiPhoneに加えて、Android端末上でも素早く名刺を撮影・登録できるようにすることで、顧客情報を活用した組織全体での営業活動をサポートする。

撮影した名刺の形状を補正する画像処理ソフト「Morpho Scanner」と連携

 名刺登録機能では、スマートフォンにインストールしたSKYPCEアプリを使ってカメラ撮影した名刺を、最終的にユーザーが設置したSKYPCEサーバーのデータベースに登録する。スマートフォンの画面に名刺を映すだけで、細かな調整をせずに自動で撮影。名刺の傾きなどを自動補正し、きれいにスキャンすることができ、外出先などでも手軽に名刺スキャン・登録を行うことができる。

 撮影時の台形補正技術には、モルフォのMorpho Scanner、画質調整エフェクト技術アプリケーションとして同社のMorpho Filter Engineを採用することで、高精度な名刺スキャンを実現している。

 例えば、営業などで顧客を訪問した後にスマートフォンで素早く名刺を撮影・登録しておけば、名刺交換日を忘れて正確な日にちを登録できなかったり、登録する名刺がたまることもない。外出先からテレワークのため自宅に戻る場合やサテライトオフィスなどで、スキャナや複合機が用意できない環境でも活用できる。

 顧客を訪問する前などに、外出先で電話番号や部署名などの顧客情報を確認したいときは、スマートフォンで情報を検索して素早くチェックできる。名刺情報の住所をクリックすれば、すぐに地図アプリが起動し、訪問先の最終確認などに活用できる。名刺ファイルが手元にない状況でも素早く情報が確認できる上、名刺データは会社のSKYPCEサーバーのデータベースにあり、スマートフォン上には保存されないため、スマートフォンの紛失、盗難時のリスクを最小化することができる。

 今回提供する名刺情報の撮影・登録機能では、スマートフォンに搭載されたカメラを活用する。さまざまなメーカーから多様なスペックのカメラ機能が提供されていることを考慮し、どの機種でも適切な名刺情報の取り込みが行えるように、日本でよく利用されているスマートフォンについて検証を行い、その結果を対応機種として公表した。

 動作確認済みのAndroid機種は、Xperia XZ3(Android 9)/Xperia 1(Android 9)/Xperia 5(Android 9)/Xperia 1 III(Android 11)/Xperia 5 III(Android 11)/Xperia 10 III(Android 11、Android 12)/Galaxy Note20 Ultra 5G(Android 10) Galaxy A22 5G(Android 11)/Galaxy A51 5G(Android 10)/Galaxy A52 5G(Android 11、Android 12)/Galaxy Z Flip 5G(Android 10)/Galaxy Z Flip3 5G(Android 11、Android 12)/Galaxy Z Fold3 5G(Android 11)/AQUOS sense6(Android 11、Android 12)/AQUOS zero(Android 9)/AQUOS zero5G basic(Android 10)/AQUOS zero2(Android 10)。

関連記事

「SKYSEA Client View」をクラウドで利用、Skyが新エディションを提供

手軽・安全にオフィスのPCをリモート操作、Skyがオプション機能を提供

ウィズセキュアとSky 需要増で協業を強化 クラウド向けセキュリティ製品を拡販

外部リンク

Sky=https://www.skygroup.jp/

「SKYPCE」=https://www.skypce.net/

おすすめ記事