ニュース

富士通がローカル5G普及に本腰、パートナープログラムに30社が参画

2022/08/18 16:00

週刊BCN 2022年08月22日vol.1935掲載

 富士通は8月9日、ローカル5Gビジネスの取り組みに関する説明会を開催した。2020年10月に開始した「ローカル5Gパートナーシッププログラム」に30社が参画し、ユースケース創出とソリューション開発が進んでいるとした。企業での本番運用も徐々に広がっていることから、今後は取り組みを加速しローカル5Gの普及を目指していく。

 同社は、20年3月に国内初の商用ローカル5G無線局免許を取得。それに伴い検証施設「FUJITSUコラボレーションラボ」を設立した。現在、パートナーとのソリューション共創・PoC検証は164件の実績があるという。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

富士通 スーパーコンピューターなどをクラウドで提供 「Fujitsu Computing as a Service」を開始

SBTと富士通、自治体でのゼロカーボンシティ施策推進に向け実証実験

外部リンク

富士通=https://www.fujitsu.com/jp/