ニュース

SAPジャパン、新オフィスで業務開始、柔軟な働き方などを実現

2022/09/05 15:39

 SAPジャパンは9月5日、東京・大手町に移転した新オフィスでの業務を開始した。新オフィスは「フレキシブルな働き方」「コラボレーション」「新しいエコシステム」の3点を重視。独創的なレイアウトやコミュニケーションの活性化につながる新たな職種、独自アプリケーションなどを取り入れたほか、大手町に置く他拠点と合わせた運用にも取り組む。同日には報道関係者向けの説明会が開かれ、鈴木洋史社長は「デザインはSAPジャパンが主導した。ここをグローバルのロールモデルにしたい」と話した。
 
鈴木洋史社長

 SAPはグローバル全体で、ニューノーマル時代の柔軟な働き方を可能とする取り組みの「Pledge to Flex」を掲げている。新オフィスはPledge to Flexを構成する要素の一つである「Flex Workspace」(働く場所の柔軟性)の実現に向けて整備された。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

SAPジャパン パートナーパッケージ製品の提供を開始 中堅向け販売の100%間接化を推進

SAPジャパン 中堅・中小企業への販売を100%パートナー経由に 営業知見共有などで支援体制を強化

【2022年 新春インタビュー】SAPジャパン サステナブルな企業への変革を

外部リンク

SAPジャパン=https://www.sap.com/japan/