ニュース

エレコムとアイ・オー・データ機器、ネットワーク関連で業務提携の検討を開始

2023/02/08 16:00

 エレコムは2月8日、アイ・オー・データ機器と、ネットワーク機器およびそのサービス分野に関する業務提携の検討を行うことを発表した。

 エレコムでは、新しいテクノロジーがもたらすイノベーションとユーザーをつなぐ“かけ橋”として、これまでになかった快適さや便利さを「暮らし」と「社会」に届けることを使命として、IT周辺関連製品やビジネスソリューションを提供してきた。

 近年、情報通信技術が社会へ浸透したことに伴い、IoTやAIなどへの期待感だけではなく、サイバーセキュリティなどの脅威が増加している。そこで、この環境変化に対応しながら、新たなマーケットや事業機会を創出することを見据え、顧客一人ひとりの課題に向き合い、多岐にわたる関連技術やパートナーシップ網を生かし、人々のデジタルライフを支える存在となるために取り組んでいるアイ・オー・データ機器と、業務提携の検討を行うこととした。

 両社は以前から、OEM/ODMなどの取引を通じて新市場開拓にともに取り組んできた。今回、両社が保有する開発・販売資源に関して、もう一段踏み込んだ相互活用を目指す。今後、具体的な検討が進み次第、適切な契約書を締結して実行していく。

 業務提携の主なテーマとしては、ネットワーク関連機器分野での次世代製品・ソフトウェア・サービスについて、両社の開発・販売資源を相互活用した共同研究開発を実施する。また、この共同研究開発をもとに、ネットワーク関連機器分野の次世代製品・ソフトウェア・サービスを有効的に組み合わせることで、これまでにないマーケットや事業機会を創出する。
  • 1

関連記事

エレコム、京大・立命館大と共同で新生児蘇生法講習シミュレーターを開発

「ZEROSHOCKタブレット」と「XC-INO」で過酷な現場の業務効率化、エレコムが提供

アイ・オー・データ機器、法人向けNASの保守サービスを刷新

外部リンク

エレコム=https://www.elecom.co.jp/

アイ・オー・データ機器=https://www.iodata.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>