エレコム(葉田順治社長)は2月14日、京都大学・立命館大学と共同で、通信技術とIoTを応用した低コストで訓練効果が高く遠隔地からの講習を可能とした「新生児蘇生法訓練用シミュレーター」の実用化に向けた取り組みを進めると発表した。同社は、この研究成果のデバイスの開発・製造を手がける。

IoT聴診器システム

 出産直後に呼吸・循環が不安定で仮死状態となる新生児が全体の15%程度存在するため、新生児蘇生術を習得した医療従事者が出産の場に立ち会うことが求められている。そのため、医療従事者は新生児蘇生技術の向上と維持に向けて、短時間でも効果的な反復トレーニングを実施することが提言されている。しかし、現実には産科診療所のような施設でも簡便に反復利用可能な教育資源・設備は十分に広く整備されておらず、教育機会と教育資源の不足が大きな課題とされてきた。

 今回の取り組みでは、新生児蘇生法を習得した医療従事者を増やすために、通信技術とIoTを応用した低コストで訓練効果が高く遠隔地からの講習を可能とした新生児蘇生法訓練用シミュレーターを実現し、普及させることを目指す。

 同シミュレーターは、医療用聴診器チェストピース部位と交換して使用する教育用IoT聴診器で、マネキンの胸で聴診したときにのみ心拍数などが聞こえる仕組みを実現した。これにより、既存の安価な新生児マネキンをそのまま用い、効果的な学習が可能となる。また、疑似的なパルスオキシメーターモニタをスマートフォン用アプリケーションとして開発しIoT聴診器と連動させることで、指導者がシミュレーションシナリオ進行の状況に合わせて手軽に操作し、負担を軽減する仕様とした。

 さらに、これらの機器はインターネット接続により、中核病院や専門施設にいる指導者が、地域の診療所や諸外国の学習者に向けてテレビ電話回線などの通信基盤を利用して遠隔講習を実施することが可能となっている。