「オンリーワン」

瀧浪 壽太郎社長

 03年度、04年度は不採算案件の発生で、それまで経験したことがないほどの厳しい環境に追い込まれた。

 しかし、05年度は成長路線に再び戻すことができたと思っている。06年はこの成長路線を持続しながら、さらに飛躍的な成長を目指す。

 当社が強みとする分野にリソースを集中し、強みをさらに強くすることが大きな焦点となる。ナンバーワンになることも大切だが、06年は当社だけにしかないオンリーワンの製品・技術・サービスの追求に全力を尽くす。

 他社製パッケージソフトを使ったSI事業に集中し、マーケティング業務関連システム・サービスや金融業向けシステム開発分野に注力する。

 05年は、このフォーカスした分野で協業体制の構築やグループ会社の再編などを進めてきた。準備は整った。また、R&Dにも積極的に取り組んだ。06年度はさらに05年度比で、投資額を30-40%増やすつもりだ。顧客のIT投資意欲は確実に上向き、IT産業の市場環境は良好だ。ただし、顧客の要望は厳しい。低価格要求も強いが、顧客が持つITの知識が豊富になっているので、簡単に案件を勝ち取ることはできない。各SIerの「勝ち組」、「負け組」化がさらに進むことになり、淘汰が進むかもしれない。

 厳しい競争のなか、生き残っていくためには、特定分野でオンリーワンになることが重要だ。