「プロアクティブな企業文化の創造」

飯田裕一社長

 06年は、景気回復に勢いが増すなか、団塊世代の退職にともなうレガシーシステムの刷新や内部統制強化など法令対応を受けて、IT需要が膨らむと思われる。当社においては、既存のIT資産を見直すコンサルティングからシステム構築、保守運用まで一貫したITライフサイクルソリューションの整備を推進。グループ会社との連携を強化して、総合力を発揮するなど顧客満足度の向上や競争力を着実に高めてきた。

 兄弟会社でSIerのシーイーシー(CEC)や資本参加している富士通システムソリューションズ(Fsol)、グループ会社のミツイワ情報などとの連携を通じて、顧客の要望に応えるサービス体制も強化してきた。こうした取り組みを生かすためには、顧客に言われてから行動する受け身の姿勢ではなく、もっとプロアクティブ(率先して行動する)な企業文化をこれまで以上に育てることが必要だ。

 またミツイワ情報が開発したERP(統合基幹業務システム)「グラシオ」や当社のIT運用サポートサービス「MSS」、IT基盤構築サービス「MIP」など、オリジナルの商材やサービスも充実してきた。グラシオは細業種に対応したテンプレートを10業種ほど揃えてきたが、06年は倍増させる予定だ。

 社員1人1人がプロアクティブになることで、顧客の要望を先取りするような斬新なアイデアを生み出せるようになる。これが新しいビジネスチャンスに結びつくと考えている。