「原点に立ち返る」

阿部康行社長

 2005年8月、当社は住商エレクトロニクスと合併し、新生・住商情報システムになった。今年度(07年3月期)は合併後、初めての通期決算を迎える。「合併してよかった」という声が最近、社内で頻繁に聞かれるようになり、まずは一段落といったところだ。

 しかしここで再度原点に立ち返り、何の目的で合併したのか、何が新生・住商情報システムの本当の強みなのかを見つめ直す必要がある。他社にはないサービスや製品を世に出す試みは実行しているがまだ不十分だ。合併したからこそできることはたくさんある。

 例えば、旧住商情報システムでは小さくまとまった提案しかできなかった案件が、合併したことで従来より2─3倍も大きな提案ができるようなったケースもある。「これはウチの差別化要因ではないか」「顧客の評判がいいあのサービスは独自商材として横展開できる!」など、自らの強みを原点に立ち返って引き出す努力を惜しまない。これが今後の成長の起爆剤になる。

 グローバル展開にも力を入れる。住友商事グループの米国拠点や子会社、日系企業のIT支援などやるべきことは多い。ただ海外へ出たときに「当社はこんな強みを持つユニークなSIerだ」と胸を張って言えなければ、数ある同業者のなかに埋没してしまう。

 世界の競争は国内とは比べものにならないほど厳しい。際立った強みがなければ相手にされない。強みを1つでも多く創りだすために、当社の真のバリューとは何かを徹底追求していく。