「実行」

山下文男社長

 会社全体の革新(イノベーション)を進めていかなければならない。2007年は、その「革新」を着実に実行していく。

 私が社長に就任した06年は、“新生TIE”として成長することに力を注いできた。東芝グループでは、開発と生産、営業の革新を図るため、「i cube(イノベーションの乗数効果)」を掲げてきた。当社でも、経営スピードの向上やマーケティング力の強化を図ってきた。東芝グループのIT中核企業として国内BtoB市場にパソコンやサーバー、システムソリューション、サポート・サービスの各事業を展開し、市場性の高いベンダー製品を組み合わせて顧客にとって最適なソリューションの提供を徹底してきた。

 また、アクティビティを3倍、顧客満足度を2倍に高めるプロジェクト「アクティブ3」を掲げ、営業やサポート・サービスの品質を高めてきた。一例として、営業では製造と同様にプロセス管理を徹底している。

 営業担当者は自分の目標を達成するため、なぜ顧客が購入しなかったのか、自分の提案が良くなかった点はどこかなどを分析できるようになった。各組織の責任者は、データをもとに、最適な指示が出せるようになった。すべての社員が「毎日が勝負」と意識するようなマインドに変わった。

 パソコンの市場環境は依然として厳しい。販売台数が増えても金額が増えない傾向が続いている。しかし、市場が成熟しているからこそチャンスがある。先手を打ち、一段と事業を拡大していく。