「攻めの「成果」を出す」

鹿島 亨社長

 2006年は、「守り」から「攻め」に転じ、体制強化や新規事業の種をまいた時期だった。来年度(08年3月期)はその成果を刈り取る年にする。

 05年度は不採算案件の発生で多少足踏みした。だが、その苦い経験を生かして開発体制を見直し、強固な開発組織がつくれた。事実、06年度は不採算案件が一件も発生していない。また、販売管理費の削減も計画より前倒しで進めることができた。“筋肉質”な会社がつくれていると思う。一方で、M&Aを行うための組織づくりとして06年9月に持ち株会社体制に移行。SRAホールディングスを設立した。

 製品・サービス面の強化では、SOAの実行および開発環境のリリースや、OSS(オープンソースソフトウェア)事業の着実な成長、またセキュリティプロダクトの販売など製品・サービスのラインアップ拡充も進めることができた。07年には自動車向け組み込みソフト開発事業も立ち上げる。

 07年度で中期経営計画の第1フェーズが終わり、08年度から第2段階へと入る。つまり、07年はその転換期であり重要な時期となる。第2フェーズではM&Aを加速させ、企業規模を追求する。売上高1000億円以上が目標だ。

 ソフト開発、SIer業界は今後、淘汰の時期がくると予測する。独立系ソフト開発企業として生き残っていくためには、ある程度の売上規模が必要と考えている。07年度はまず400億円の売上高確保を目指すが、M&Aでも結果を出していきたい。