「サービスの人材育成」

泰 聖五社長

 「SaaS」が2006年のキーワードになったように、情報システムやアプリケーションの機能をサービスとして提供する機運が高まってきた。今後この流れはもっと強くなる。ITをサービスとして提供するための技術者を育てること、つまり「サービスを先取りした人づくり」が、07年の大きなテーマだ。

 さらに、技術者・開発者の確保と育成は、重要な課題である。人材不足は、当社だけでなくIT産業界全体が真剣に受け止めて、解決していかなければならない問題。若い人材に、IT産業界に興味を持ってもらえる取り組みが必要だ。

 当社の06年度(07年3月期)の業績見込みは、増収増益は達成できそうだが、計画値には届かない可能性が高い。公共系の合併案件の減少を、他の業種で吸収することができそうにない。ただ、開発は不採算化を招かない体制を築けた。製品・サービスとしては、約4000社に導入したインターネット統合ソリューションサービス「WebSERVE」、そして、富士通の「GLOVIAsmart」の母体となった「WebSERVE smart ソリューション」がある。あとは営業力だ。富士通との連携で開発案件を引き続きこなしながら、自社で獲得する顧客をもっと増やしていく。

 07年、顧客のITコストに対する目は引き続き厳しいだろう。ビジネスの拡大は簡単ではないが、首都圏の中堅・中小企業をメインターゲットに、強みの「smart」やアウトソーシングサービスを獲得していく。