「Above&Beyond」

前野幹彦社長兼CEO

 2006年から当社では「Above&Beyond」という言葉をキーワードとしている。今年もこれをテーマにする。従来は、「2×4(ツーバイフォー)戦略」を掲げてきた。「売上高2000億円、営業利益200億円、カラープリンタ出荷を20%、ドットプリンタ世界シェア2位」の頭の数字「2」の4個を語呂合わせで達成するという目標だ。07年度(08年3月期)は、Above(上昇して)Beyond(先に行く)ことを狙う。

 まずは、この目標に向けて、すべての部門のアクティビティや個人スキルを引き上げる。「2×4」は、今年度(07年3月期)で90%達成する。この基本理念を維持しつつ、これまで手を打ってきたことを再検討し、今年以降にさらなる構造改革を進める。

 具体的には、“戦いの市場”を再定義する。企業の業態が変革するなかで、顧客へアクセスする方法も変わった。このため、販売チャネルと商品の品揃えで、フォーカスするところをもう一度見直す。

 当社は中堅中小企業(SMB)を重要視してきた。しかし、仮に当社がSMB向けにハイエンド機を売り込みたいと考えても、当社の販売チャネルで必ずしもアクセスできるとは限らない。SMBで必要な商品ラインアップをきちんと揃えることが重要である。この点に関していえば、複写機メーカーではないため、これまでカラーにフォーカスしてきた。今後は、カラーとモノクロをワンストップで提供できるように、モノクロ機を拡充することも検討していく。