「今こそ好機」

溝口泰雄コマース&サービス統括担当

 情報と通信の融合で、“今こそ好機”と位置づける。2007年は、千載一遇のチャンスといえる。

 ブロードバンドインフラが整備され、コンシューマ市場ではASPなどサービスが活発化している。コンテンツプロバイダなどITベンダーにとっては、ストック型ビジネスで収益を高められる環境になった。法人市場でも、今後はストック型とソリューションを組み合わせて提供できる状況になったといえる。

 1つは、SaaS(サービス型ソフトウェア)だ。昨年からセールスフォースのSaaS型CRM(顧客情報管理)の販売を手がけることになった。2つめは、携帯電話で通信を含めたビジネスを展開する。ウィンドウズOS搭載の携帯電話とIP電話として使える「スマートフォン」とSaaSで、モバイルソリューションを提案できる。

 SaaSや携帯電話のビジネスは、大規模な案件を獲得できるとは限らないが、利益は大きい。しかも、携帯電話は法人単位での契約が少ないことから、端末で新規顧客が開拓できるなど大きなビジネスに育つ可能性を秘めている。

 当社の販売代理店となるSIerなどITベンダーにとっては、情報と通信のコラボレーションビジネスに加えて、ストック型ビジネスで利益が確保できると確信している。

 ディストリビュータは“モノ”を流すだけでなく、サービスも提供していかなければならない。今後も、「バリュー・アディッド」を追求していく。