人財力の強化

原巖社長


 2010年までの中期経営計画では年商2400-2700億円への大幅伸長を狙う。今年度中間期(07年4─9月期)は過去最高の連結売上高、営業利益を達成。経営計画の実現に向けて幸先のよいスタートが切れた。今年度(08年3月期)通期では連結売上高1900億円、営業利益は当社初の100億円の突破を目指す。メインターゲットである中堅中小企業のIT投資の拡大に支えられた。

 当社ではソフトウェアをサービスとして提供するSaaSや次世代アウトソーシングサービスなど、業界に先駆けて取り組んでいる。いくつか芽は出てきた。しかし、今すぐに売り上げの柱になるのかといえば、残念ながらもう少し時間がかかりそうだ。当社オリジナルの主力ERPパッケージも、納入時のカスタマイズ関連のコストがかさんで、大きな利益はまだ出せていない。

 だが、手応えは得ている。中堅中小企業向けに素早く展開できる手離れのよさと、一度つくったソフト・サービスを横展開し、繰り返し使うことによって収益力を拡大させる。従来からあるパッケージソフトがまさにこのビジネスモデルで、これからはSaaSなどオンデマンドサービスへと移行させる。これを実現するための人材育成にも力を入れており“人財力”も高まってきた。情報を蓄積したプールから顧客の必要に応じてデリバリーする当社の“プール化構想”に基づき、高効率でビジネスを展開する仕組みづくりを通じて、事業の拡大を目指す。


(1)生年月日:1945年5月11日 (2)年齢:62歳 (3)出身地:熊本県 (4)出身領域:企画営業系