アライアンス

林宗治 社長兼COO


 アライアンスビジネスを開花させる年にしたい。

 ソフトクリエイトはパソコンショップから始まり、ソフト開発会社、SIer、そして今はパッケージソフトメーカーへと業容を変化させてきた。直販体制を保持し、顧客に直接アプローチできるのが当社の武器。ただ、パッケージを多く売るには、販売代理店の力が必要だ。07年以上にアライアンスが重要になる。

 すでに07年から手は打っている。まず、ワークフローソフトでは、次世代版「Agileworks」を開発するために住商情報システムと提携。共同出資会社を07年4月に設立した。ほぼ開発が終わっており、2月には発売できる。「Agileworks」は、住商情報システムが販売を手がけるほか、同社の自社開発ERP「ProActive」の代理店が販売する仕組みをつくりたい。

 一方、主軸ソフトのECサイト構築パッケージ「ecbeing」の拡販では、関西地方に支社を設立した。「ecbeing」は大手企業を中心に導入実績300社以上を誇り順調。ただ、ユーザーの約80%が首都圏に拠点を置く企業が占める。地方での拡販が課題だ。関西支社は富士通の関西部隊と連携するために設置した拠点で、富士通グループと緊密な連携をとり、関西地域での販売を伸ばすのが狙いだ。

 08年は、今年度(08年3月期)の売上高100億円、経常利益10億円の突破がかかっている重要な年。まずはこの目標を達成し、来年度は中長期的な経営プラン作成にも動き出したい。


(1)生年月日: 1974年8月23日 (2)年齢: 33歳 (3)出身地:東京都 (4)出身領域:営業、マーケティング系