強みをさらに強く

伊与田悠社長


 富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP)が持つ強みを昨年以上に発揮したい。強い業種に対し、他社と差別化できる競争力ある製品・サービスを届けることに集中する。

 富士通FIPは日本国内にデータセンターを十数か所抱え、ITアウトソーシングサービスに強い。最大の武器であるITアウトソーシングサービスを引き続き主軸に置きながら、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)やウェブサービスでも存在感を高める。

 また、06年に開始した業務アプリケーションをサービスとして提供するためのIT基盤「AODプラットフォームサービス」も引き続きISVなどに対して利用を促していく。この基盤を使えば、ISVは自社のパッケージソフトを容易にサービスとして利用できるようになる。「SaaS」は、課金の仕組みやセキュリティなど運用面で解決しなければならない課題は多いものの、着実に普及していくはずだ。「AODプラットフォームサービス」が急激に成長する段階ではないとは思うが、可能性は大きいビジネス。まずは自社ソフトを「AODプラットフォーム」上で動作させSaaSとして提供する。

 さらには、新規ビジネスの創出にもチャレンジしていきたい。

 米サブプライムローン問題や原油高、諸物価の値上がりなど不安要素はあるが、富士通FIPがビジネスを手がける領域の市場環境は良好だ。富士通との連携をこれまで以上に密にとりながら、着実な成長を遂げていく。


(1)生年月日: 1945年8月 (2)年齢: 62歳 (3)出身地:東京都 (4)出身領域:技術系