ブレークスルー

志賀徹也 社長


 当社製ソフトウェア基盤のマーケットは広く、テレコムや金融など、誰もが必要とするインフラだ。国内ではここにきて、これらマーケットに向けて提供する主力製品が出揃い、成長路線へ向かう体制が整った。

 今までは、ソフト基盤といいつつも、最も底辺のインフラ製品のみを提供していた。現在は、製品のポートフォリオが上位層にあがっているので、顧客からみると「分かりやすい」製品になった。

 2005年に企業ポータル製品などをもつ米プライムツリー社を買収し、従来のソフト基盤とシームレスに連携する仕組みがようやく完成。これに伴い、パートナーのエンジニアリングの質を向上させるため、スキルセットなどを積極的に提供する。08年は、製品ラインアップの拡充やエンジニアリングの強化などが実を結び、「ブレークスルー」する年と捉えている。

 当社が得意とするSOA(サービス指向アーキテクチャ)やBPM(ビジネスプロセス管理)、Web2・0などのテクノロジを融合させた事例が出てきたので、それに応じた顧客を生みだすことが重要になる。主力製品のWebアプリケーションサーバー「WebLogic」やデータ統合製品「Aqua Logic」をベースにしたソリューションとコンサルティングを含め、事業全体を2倍に拡大することを目標にする。

 今秋には、日本市場向けにSOA、BPM、SaaSなどの開発から運用をカバーする構想「Genesis」に関する製品が登場、さらなる飛躍が期待できる。


(1)生年月日:1947年4月22日 (2)年齢:60歳 (3)出身地:福島県 (4)出身領域:技術系