挑戦

砂川俊昭 社長


 08年度(09年3月期)上期はCN(コンピュータ・ネットワーク)事業が厳しい状況だった。景況感がますます悪くなることが予想されるため、「挑戦」しなければならない。

 米国から始まった世界情勢の悪化で良くも悪くも日本のポジションも変わってくるといえそうだ。日本のポジションを上げるのはビジネスモデルの変革次第だ。当社も改善する必要がある。

 CN事業でいえば、これまでのディストリビューションに加え、もうひとつの柱を作ることが重要となる。一つはシステムインテグレーション事業への着手だ。製品を単に販売代理店に提供していくだけでなく、当社側からもソリューションを提案していかなければならない。付加価値のある製品販売をしていくことが成長するために不可欠だ。

 もちろん、需要増を促せるマーケットにアクセスできる製品を揃える。この“目利き”に関しては他社との差別化につながると自負している。ユニークな製品を生かして、いかにソリューションを創造できるかがカギを握る。

 また、各地域のビジネス基盤固めを進めていく。このほど東北地域の事業拡大に向けて仙台にCN専門要員を配置した。中部地域でも名古屋拠点にスタッフを配置していく予定だ。ソリューションと地域などとをマトリックス展開していく方針だ。それにより新しいビジネスモデルを構築していく。