戦うNSWへ

日本システムウエア
多田修人 会長兼社長
 中期経営計画の最終年改革だった2009年、想定以上の国内景気の悪化により、厳しい年となった。

 そこで、内製化の徹底やリソースの適正化など、さまざまな合理化策を早期に展開し、その結果、利益を確保できる体制が構築できた。

 設備投資は引き続き縮小傾向が続き、受注環境は厳しいとみている。このような景況感でも顧客との絆を深め、事業強化を進める。ITソリューション分野では08年から開始した仮想ホスティングサービス「BlueSpider」を、積極的に強化していく。長年培ってきた技術力やノウハウを体系化し、フロントエンドからバックエンドのシステム構築、データセンターを活用した運用・保守サービスまでをワンストップで提供する「ITトータルソリューション」を展開して差異化を図る。

 プロダクト分野では、強みであるLSI~プラットフォーム、組み込みソフトまでを実現するエンベデッドトータルソリューションを推進していく。また、環境も一つのキーワードとなっている。低炭素社会の実現に向け、太陽光発電、電気自動車、電池関連、ECO関連事業、モバイルブロードバンド時代を担う無線通信技術などに関連する新サービスに取り組み、事業化を図る。

 不況に打ち勝つには、強い意志をもち、営業に努める必要がある。社員一人ひとりが危機意識を高め、それをバネにしてスピード感をもって行動することにより、不況の波を乗り越えて行きたい。