達成感

内池正名 社長
 東日本大震災やタイの洪水など、2011年は予想もしなかった自然災害が続けざまに起きてしまった。過去にない惨事を経験したことで、社員の仕事に対する考え方や生き方も、必ずや変化するはずだ。

 2011年のキーワードは、「会社も社員も成長」を掲げた。SI・ITサービス事業は人がすべてで、「社員の成長なくして会社の成長もない」という考えに立っている。人事制度を大幅に見直し、社員が働きやすい環境をつくるために、会社に貢献したスタッフは年齢や性別に関係なく評価する。その一環として、人事制度を改めた。また、団塊の世代が引退する時期に入り、次の年齢層が会社を引っ張る時期にきており、新しい幹部層を育てる意味でも、人事制度の変更は必要だった。今は新人事制度に着々と移行しているタイミングだが、働きやすい環境づくりに徐々に寄与してくると感じている。

 2012年も社員の働きやすさを追求していく。キーワードになるのは「達成感」だ。待遇や労働時間の短縮などだけではなく、社員が達成感を得られる仕組み、自身が仕事上で成長している感覚を自覚できる体制が必要だと考えている。JBISホールディングスの傘下にいる日本電子計算(JIP)と日本証券代行に勤務する社員に、「この会社にいて、自己実現ができている」と思ってもらえる環境をつくりたい。