感動

遠藤隆雄 社長
 ハードウェアとソフトウェアを融合する「Engineered Systems」の引き合いが堅調に推移した。ハイタッチセールスを通じて、ハイスピードや高い信頼性といった製品価値を、直接ユーザー企業に理解してもらえたからこそだろう。データベース(DB)以外のミドルウェア関連製品も着実に伸びた。製品分野別の専門チームを立ち上げて、これまで買収してきた企業の製品価値を訴求できる営業力が身についたほか、市場認知度が上がったからだとみている。一方で、買収したサン・マイクロシステムズとのシナジーがまだ不十分。DBの伸びもはかばかしくない。

 2012年の目玉はアプリケーションスイート「Oracle Fusion Applications」だ。SaaSとオンプレミス環境のハイブリッドで提供することができる。エンタープライズアーキテクトのチームを軸に、アーキテクチャの見直しを提案し、「Fusion Applications」、SOA基盤の採用につなげる。SAPのシェアをひっくり返す意気込みで臨む。このほか「Engineered Systems」にも引き続き注力していく。DBのトータルバリューを提案できるチャンスであり、ITインフラの標準化のトリガーになる。

 すでに、DB専用機「Oracle Exadata Database Machine」の導入事例がある。感動できる、期待を超える価値を提供していきたい。