溝口泰雄 社長
 市場は今、ハードやソフトを提供するビジネスに加えて、サービスを中心にソリューションを創造していくという、新たな形態のビジネスの潮流が生まれている。2014年4月、ソフトバンクBBのコマース&サービス事業部門が分社独立し、ソフトバンク コマース&サービスとしてスタートを切った。新たな潮流に対応していくという意味で、2014年は「Next Stage」というキーワードを掲げ、実際に次のステージに進むことができた。これを、もう一歩進めなければならない。そこで、2015年は「飛躍」をキーワードに掲げる。

 ユーザー企業のニーズに応えていくことが新たなソリューションの創造につながるが、そのユーザー企業のニーズはさまざまだ。販売パートナーがユーザー企業のニーズに迅速に対応するにはどうすればいいのかを模索するなかで、当社はクラウドなど分野別に専門部隊を配置して、案件ごとにスペシャリストが販売パートナーを支援するという体制を整えた。これによって、販売パートナーはユーザー企業のニーズに迅速に応えることを実現している。

 なかでも、ヴイエムウェアとソフトバンクテレコム、そして当社の3社が共同出資で設立したヴイエムウェア ヴイクラウドサービスを通じて提供しているパブリッククラウド「VMware vCloud Air」をベースに、案件を獲得している。販売パートナーがVMware vCloud Airを活用して自社の製品・サービスを提供でき、新たなソリューションの創造につながっている。