森田晶一 社長
 2014年は、サーバー、ストレージ、ネットワーク製品を事前に構成して出荷する「コンバージド・システム」を積極的に展開してきた。コンバージド・システムを効率的に動かし、確実な導入を可能にするために、「プリ・インテグレーションセンター」を2014年2月に開設し、多くの案件で活用して成果を上げてきた。

 2015年は、「再びネットワールドになる」をキーワードとして掲げる。今、当社が保有している知見を生かしながら、ヴイエムウェアのネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」や、シスコシステムズの次世代SDN製品「Cisco Application Centric Infrastructure(ACI)」などへの取り組みによって新型ネットワーク技術を積み重ねたい。また、Cumulus Networks製OSとQuanta Computer製ベアメタル・スイッチといったSDN向けホワイトボックス・スイッチの販売などにも挑戦していく。

 2014年は、業績が過去最高を記録するなど、国内ITサービス市場の伸び以上の高い成長率を達成することができた。今後は、付加価値ディストリビュータとして新たなチャレンジをし続けなければならない。これまで時代に即した製品・サービスの提供によって、「バーチャルワールド」「ストレージワールド」など生み出してきた。2015年は、最新のネットワーク技術を生かしたソリューションを提供することで新たな世界を生み出すという意味合いでも、社名の通り「ネットワールド」を目指す。