佐々木節夫 社長
 モノや人、空間などあらゆるものをインターネットに接続するIoT/IoEの領域で、当社は大きな力を発揮することができる。この領域はこれから市場の拡大が期待できる有力分野であることは間違いなく、情報サービスと通信・環境エンジニアリング、アメーバ経営を軸とする経営コンサルティング能力を有する当社の強みを存分に生かせそうだ。

 通信・環境エンジニアリングは、携帯電話の基地局や太陽光パネルの設置・施工などを手がけている事業部門で、とりわけ再生可能エネルギー(再エネ)領域ではHEMSやBEMSといったエネルギー管理システムと密接に関わってくる。ただ、再エネの装置単体でできることは限られており、ITで統合管理してこそ効率的な再エネ事業の実現につながる。こうした流れのなかで各種装置とビッグデータ分析などの情報サービスを結びつける。

 おそらく、これから先のことを考えると、「業務システムを手組みでつくる」という古典的なビジネスは、ますます縮小していくだろう。そうではなく、IoT/IoEやEMSといったデバイスやセンサと情報システムを連携させるビジネスが増える。

 ここ数年を振り返ると、中国やASEAN市場の深掘り、北米での商材発掘や同市場におけるビジネスの可能性の追求など、当社にとっては、まさに「変革と挑戦」そのものだった。折しも2015年9月に設立20周年の節目を迎える。当社の「変革と挑戦」は、次の20年を見据えた新しいステージへとシフトさせる心構えである。