年頭所感

【2016年 年頭所感】 東芝ITサービス

2016/01/07 20:40

週刊BCN 2016年01月04日vol.1610掲載

永田友久 社長
 市場環境やビジネス環境など、世の中が目まぐるしく変化を続けていくなかで、従来のやり方に捉われることなく常に変化に対応し、成長を続けていかなければならないという意味を込めて、キーワードは「Change For Growth」。これは、社長就任の2015年6月から掲げているものだ。

 保守会社は、単にユーザー企業の社内システムをサポートするという、これまでのビジネスモデルでは立ち行かなくなる。15年度(16年3月期)をターニングポイントと認識して、事業の構造転換を図った。具体的には、「システムがこわれないようにするための保守」、つまりシステムを常に監視して障害が生じる前に対処するというビジネスを手がけることが重要となる。そのため、当社ではサポートサービスセンターを活用したリモート監視をサービス化した。このサービスによって順調に推移している。将来的には、システムの監視だけでなく、IoTも視野に入れる。

 リモート監視サービスに力を入れていくからといって、これまでの保守がなくなることはない。リモート監視サービスで発見したトラブルを、リモートで対応できない場合は、全国に点在した保守要員が現場に駆けつけて、きっちりと保守するという体制が整っている。サービスを提供しながら、最後には全国を網羅して人を介することができるのが強みだ。市場は決して落ち込んでおらず、緩やかながらも上向いている。そのなかで差異化を図っていく。
  • 1

外部リンク

東芝ITサービス=http://www.it-serve.co.jp/

おすすめ記事