東 裕二 社長
 当社では、業務のコンサルティング、システムの構築・保守運用、クラウドやデータセンターのサービスなどを手がけている。そうしたフルスコープでサービスを提供できる体制は、ここ2~3年で急速に整ってきた。なかでも、メインフレームのような古いシステムの刷新に関しては、システムを一挙にオープン化し、さらに保守費用も下げて、リアルタイム性に富んだ機能を入れることを得意としている。

 海外では早くからオープン系システムに移行しているのに対し、日本ではいまだにメインフレームが多く残っている。お客様からは、長年使用してきたシステムの中身がわからない、改修・刷新できないといった相談をたくさん受ける。そうしたものを、われわれの哲学に同意していただけるお客様とともに変えていくというのが、当社のスタンスだ。相談数は増加しており、もともと当社は流通サービスや金融系の顧客が多かったが、最近は製造系からの引き合いが増えてきている。

 最近のトレンドに、IoTやビッグデータ、AIなどがあるが、これらはすべてリアルタイム処理が基本。また、これらは基幹系システムに応用しないと効果が得られないにもかかわらず、日本の場合、その基幹系システムがバッチ処理のところが多いため、結局のところ、そうした技術に意味がなくなってしまう。今後、ITを駆使して経営の効率を上げていくという観点からみれば、もう一度原点に立ち返って、リアルタイムの重要性を考えることが大事だろう。