コンサルティングから設計、構築、そして運用サポートまで、ワンストップの提供を強みとしているKYOSO(岡田恭子社長)。システム開発に30年以上の歴史をもっているが、過去の成功体験に固執することなく、市場動向に応じて柔軟に対応している。ユーザーに最適なものを提案するという姿勢があるからだ。変化に強い体質とするために、同社では社員に資格の取得を推奨している。管理職に求めているのは、ITコーディネータ(ITC)資格の取得である。(取材・文/畔上文昭)