標準化の波が車載システムを襲う 黒船 AUTOSAR

<標準化の波が車載システムを襲う 黒船 AUTOSAR>第4回 変化を肌で感じる 東海ソフトは車載ビジネスが右肩上がり

2016/06/09 16:04

週刊BCN 2016年06月06日vol.1631掲載

 前号までは主にAUTOSAR開発ベンダーの動きを追ってきたが、今号では組み込みソフトを強みとするSIerの見方をレポートする。自動車産業が盛んな名古屋に本社を置く東海ソフトは、組み込みソフト開発に強いSIerとして有名だ。同社がAUTOSARを意識し始めたのは2010年前後だが、足下の自動車関連メーカーからの受注内容をみても「差し迫ってAUTOSARのスキルを身につけなければならないとは感じなかった」(東海ソフトの伊藤久司・営業本部技術営業部次長)と、当時を振り返る。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

おすすめ記事