韓国のポップコーンザー(チェ・スンヨブ=蔡承燁社長)は、AUTOSARに特化した仮想デスクトップサービス「オートウェア」(仮称)の販売を年内にも始める。AUTOSAR開発ベンダーは、自社AUTOSARに最適化したツールを開発しているが、オートウェアはこうしたツールをブラウザから呼び出せるサービスだ。AUTOSAR開発ベンダーのライセンス(使用許諾)の範囲内であれば、場所や時間に関係なく、「どこでもAUTOSARツールを活用した開発業務を行うことができる」(チェ社長)ようになる。