「開発環境が充実することで、SIの余地は狭まっていく。とはいえ、なくなりはしない」と、ソウルウェアの吉田超夫代表取締役はSIの今後を展望している。ウェブ系の開発からスタートした同社は、PaaSを活用して短期間でシステム開発を行う“ファストSI”を取り込むことでビジネス領域を拡大してきた。ファストSIは、短期開発というユーザーニーズに応える一方で、SIerの出番を減らしてしまう。吉田代表取締役は、その流れは不可避とするも「スキマは必ずある」と確信している。(取材・文/畔上文昭)