コンサルティングからシステム構築、保守までの一気通貫でサポートする体制を強みとしているが、電力自由化対応を始め、さまざまな事業で有効に機能してきている。

201705091944_1.jpg

山元康裕
社長

 電力自由化では、市場に参入する小売電気事業者向けシステム「NISHIKI」を提供しているが、ここでも参入するにあたって、電力事業のコンサルティングから対応している。情報システムのコンサルティングだけではなく、事業そのもののコンサルティングであり、多くの問い合わせをいただいた。NISHIKIについては、ある程度の実績を残したが、当初に期待したほどではなかった。電力市場に参入した企業が、想定よりも少なかったためだ。ただ、電力市場に参加するには準備に時間がかかるため、今後も引き続いて新規で参入する企業があると見込んでいる。そうした企業のニーズにしっかり応えていきたい。

 NISHIKIへの取り組みは苦労が多かったが、パッケージシステムの構築や提供といった経験は、自信につながっている。外部の評価も高く、NISHIKIの知名度が上がり、カンバン商品へと成長した。

 近年注目のIoTについては、当社に電力関係でのノウハウがあるが、事業化には難しい面が多く、ブームに踊らされることなく、慎重に取り組んでいく。むしろ、CRMや水道関係、EC、管理会計、販売管理といった既存のシステムを磨きながら、NISHIKIの経験を生かしつつ、今年はさらに外販ビジネスを強化していきたい。