情報技術センターは、20年近く時間をかけて徐々にエンドユーザーからの元請け(プライム)受注を増やしてきた。近年のデジタライゼーションの流れのなかで、ユーザーの事業部門の予算でIT投資を行うケースが増えていることから、従来の発注窓口だった情報システム部門との距離感も変わってきているという。プライム受注の拡大からユーザーとの新しい関係づくりに意欲的に取り組んでいる。(取材・文/安藤章司)