受託開発をビジネスの中心に据えてきたSIerは、クラウドに乗り遅れるというのがありがちなケース。当初は、ユーザー企業がクラウドを望んでいなかったからだ。それが普及期に入ったことで、ユーザー企業もクラウドを強く意識するようになる。それをみて慌ててクラウドに取り組んでみるも、いち早く取り組んできたSIerに追いつける気がしない。SIerでよく聞く課題である。ところが、セントラルソフトサービスは、受託開発を中心としてきたにもかかわらず、スムーズにクラウドをビジネスに取り入れた。なぜ、それができたのだろうか。(取材・文/畔上文昭)