経営環境の不確実性の高まりやビジネス・スピードの加速に、ITも対応できなくてはならない。こんな時代に対応できるエンジニアをどのように育てていけばいいのか。