「クラウド時代になろうと、本質的にはSIerの役割は変わらない」と、ステラリンクの前田保宏社長はきっぱりといい切る。顧客のビジネスや業務プロセスを理解したうえで、顧客の目指す成果を実現するためのシステムを実現するのが本分というわけだ。ただし、ITは常に進化し続けている。顧客に提供できる価値を最大化するためには、新しい技術を継続的に吸収しながら、知識とスキルをアップデートし続け、柔軟な思考を保つ必要があるというのが同社の基本的な考え方だ。(取材・文/本多和幸)