SIerとしてのビジネスに心から誇りをもっている。それが、コンピューターマネージメント(CMK)の竹中勝昭社長の印象だ。現在はプライベートカンパニーだが、近い将来の株式公開も見据え、継続的に成長可能なビジネスモデルの構築に取り組んでいる。竹中社長いわく、「広く、深く顧客を知り、最新の技術を常に吸収しながら、上流から下流まで、一気通貫でサポートすることこそがSIerの使命」なのだ。(取材・文/本多和幸)