ビジネス環境はフォローの風が吹いている。世界に先駆けた「超スマート社会」の実現として政府が進める「Society 5.0(ソサエティ 5.0)」、IoTやAIの活用による第四次産業革命を意味する「Industry 4.0」。これらを支える基盤であるIoTやビッグデータ、AI、ロボティクスなどが、着実に伸びている。

201801041536_1.jpg

釜井節生
社長

 IT業界は今年も順調に推移すると考えるが、心配なのは世界情勢だ。いつ何が起きても不思議ではなく、日本も対岸の火事ではいられない。リスクは増幅している。国際情勢には注視していきたい。

 当社の海外事業は、若干の伸び悩みの状況にある。とくにアジアは金融業界が予算縮小の傾向にあり、その影響を受けている。そうしたなかで好調なのが、中国で開発したリース業界向け基幹業務システム「Lamp」。アジア各国で採用が広がり、導入実績は6か国22社になった。また、金融機関向け融資管理システム「BANK・R」も、中国金融機関から4件の受注を獲得するなど、明るい兆しがみえてきた。

 国内では、スマート農業分野に進出という新しい動きがある。宮崎県綾町と共同でブロックチェーン技術を活用した実証実験など、当社の強みを生かした取り組みで、今後の展開が楽しみだ。

 7期連続で増収増益を続けてきたが、昨年は不採算案件が出たことにより、少し足踏みをすることになった。悔しいが、それを除けば堅実に成長している。中計の3年目となる今年は、Society 5.0などのフォローを生かし、目標達成に向けて巻き返していきたい。