昨年は、それぞれの業種のIT投資がよく進んだ一年だった。今年も同じように伸びていき、市場が全体的に上向いていくだろう。

201801041720_1.jpg

東 常夫
社長

 デジタルトランスフォーメーションが叫ばれる今、ICTを活用したサービスの創出、ビジネスの拡大が大きなポイントになっている。お客様はビジネスに勝つためにITを活用して、新しいサービス、ビジネスを生み出すことが命題となっている。

 マルチクラウド化など、IT環境は複雑化し、新しい技術が日々誕生している。一方、IT人材は不足している。こうしたお客様の課題を解決し、安心・安全な運営ができる環境をどう提案していくかが私たちの命題だ。この命題に取り組むために、私たちはお客様のICT環境を最適化するよき相談相手となる。

 これまで、お客様はセキュリティを中心とした「守りのIT」が中心だったが、今、「攻めのIT」への投資意欲が高まっている。お客様の守りのIT、攻めのITの両方をサポートしていく。守りのITとして、マルチクラウドのマネージメントソリューションを提案していく。昨年もお客様の関心が高かったが、今年もさらに伸びていくだろう。

 攻めのITとして、IoT、AIを使ったビジネスの拡大をサポートしていく。とくにIoTの分野では、16年にIoTエコシステムラボを設立し、お客様、センサメーカーなどのパートナー様と実証実験を行った。昨年は、まだ数字として大きなビジネスになっていないが、非常に活発に取り組み、順調に進んでいる。今年はIoTをビジネスにつなげていく。