新しい技術は、既存の業界構造を大きく変えることがある。すでに幅広い業界で変化の動きが生まれており、システム開発の領域でも同様だ。エヌアイエスプラスの入沢厚代表取締役社長は、自動化などの技術がシステム開発に与える影響について「思っている以上に変化のスピードは早い」と分析し、「受託開発はこの2、3年でなくなり、SIerの半分は淘汰されるかもしれない」とみている。(取材・文/齋藤秀平)