ユーザー企業が新規事業を立ち上げるときに大切なのは、事業を支えるシステムを「安くつくることだ」と、チャーリー・ソフトウェアの玉村元社長は考えている。新規事業が成功する確率は決して高くない。あらかじめシステム開発にかかる費用を抑えておけば、それだけ予算内での試行錯誤の回数を増やせるし、失敗のリスクも軽減できる。「小さく始めて大きく育てる」手法を探求していくうちに、「新規事業の立ち上げに強いSIer」としてユーザー企業から認知されるようになった。(取材・文/安藤章司)