次世代の組み込みソフト開発ビジネスとは、デバイスとクラウド、サービスを一体的に捉えて、「顧客が抱える課題や、やりたいことを総合的に支援していくことだ」と、ユビキタスの佐野勝大代表取締役社長は考えている。IoTはまさにデバイスとクラウドを融合させたサービス形態だ。近年では、IoTを活用して新しいビジネスを創出しようとする顧客企業が増えている。デバイスとクラウド、サービスの間にある“ギャップ”を埋めて、顧客の新ビジネスをワンストップで支援できるよう、事業ポートフォリオの増強に力を入れている。(取材・文/安藤章司)