ビッツは、多様な業種との協業を急ピッチで進めている。自転車レンタルから空港の手荷物管理に至るまで、新しい協業先を意欲的に増やしていくことで、SIビジネスの幅を広げるのが狙いだ。同社は、組み込みソフト開発に強いSIerで、これまでは大手電機メーカーなどの協力会社としてビジネスに参画するケースが多かった。近年ではこうした従来型のビジネスに加えて、ITを切り口とした異業種との協業、新商材の立ち上げに注力。新規ビジネス領域の開拓につなげている。(取材・文/安藤章司)